2012-03-03

LT3572

900mA昇圧コンバータ付き デュアル・フルブリッジ・ピエゾ・ドライバ

調べ物をしてて、見かけた品。モノとしては、HDDのヘッド動かすモーター用、ですかね。やってることはPWM信号受けて、スイッチしてる。興味を持ったのが「最大2.5MHzまで同期可能」って処。2.8MHzまで行けてたら、DSD信号放り込んで出力波形を眺めてみる処ですが(笑)

面白そうなので、入手して弄ってみますかね…容量性負荷ぢゃなきゃ、オーバースペックでも動くかもしれないし…

4 件のコメント:

bunpei さんのコメント...

業務連絡です。
1bit ConsortiumのバイオリンのDSD256ソース(WSD)をAudioGateでDFFに変換して、SDTrans384 + Buffalo IIIで聴くことができました。

Hiroshi TSUGE さんのコメント...

をー、素晴らしい!って何度か見かけたAudioGateのログはそれでしたかw

AudioGateってDSD256にも対応してるんですねぇ…

bunpei さんのコメント...

いいえ、もとのWSDファイルはなんとヘッダのない代物だったのでヘッダを手で作ってつなげ、その時に5.6MHzと騙しています。AudioGateは騙されてDFFに変換してくれました。DFFのヘッダをまた11.2MHzに手で書き換えてうまくいった次第です。

Hiroshi TSUGE さんのコメント...

あー、なるほど…

ちあきさんに変換スクリプト渡してあるので、それを使えばだまさず変換できるかもw