2013-02-10

浦安海釣り 坊主脱出…あれ?

今日も今日とて、朝から釣り…まぁ子供が起きてくる時間まで…

高洲公園前にて…ぜーんぜん反応ないですな…orz

今日も坊主かぁ、と、竿を仕舞っていて、最後の1本、先日買った磯竿に目をやったら…うぉ、竿が持って行かれる…竿尻が見事に上がってました…びっくりしたー

てっきり近所の誰かとお祭りしたか(隣まで最低50mはあるのでその可能性は皆無)…それとも漁船にまたひっかけられたか(見える範囲に船影なし)…とおもったら…引いてました…ぐーっと…なんだこれ?

セイゴ・フッコなら横走りする筈なんですが、そんなこともなく、ただ時々根がかりしたのか、と思うくらいにおもくなる…カレイだと、単に重いだけのハズで…もしかして…と思って水際まであげてみたら…

やっぱり、エイ、でした…orz

まぁ、とりあえずということで、片付けてたタモをあわててもってきて、テトラに降りてタモに入れてキープ。凄く重くて、抜くのは怖かった…


赤エイですね、尻尾のとこにやばいのが見えます。持って帰ったら、怒られるかなー、と思いつつ…息子にエイも釣れるぞ、と示すためにも、一度は持って帰らないと、って自宅へ…

お持ち帰りしたら奥様から「もってかえってきたのかー」と言われた…orz


庭の芝生の上に置いて、息子ズに見せて、さてどうしようかな、と思ってたら、奥様から、「さばけば食べられるらしいよ?」と。

釣った魚で食える魚なら食わなくてわ、ということで、急遽ネットをあさって、料理方法他をチェック。

(1)ぬめりとる
(2)解体する
(3)食べる

の3つの手順で食べられる事が判明したので、手順に従って作業。から揚げにした処、息子ズにも好評でした。

奥様曰く
「ネコザメよりおいしい」
「鮟鱇のぬめっとさと、えんがわのこりっとさを混ぜたような感じ」

また釣って持ち帰ってきても起こられなさそうな雰囲気に…新鮮ぢゃないと、あっという間にアンモニア塗れになるようですが…(そのアンモニア塗れで食べる韓国料理もあるようですが)

しかし、カレイ狙ってる筈なのに、フッコ・セイゴやエイと、外道ばかりが釣れるなぁ…

2 件のコメント:

4ck さんのコメント...

自分の実家の瀬戸内ではよく食べます。
酒飲みには最高のアテなんですよ!!

結構、みんな毛嫌いしますが新鮮なものしか
食べれないという高級食材ですw。

Hiroshi TSUGE さんのコメント...

まぁ、結構普通においしいですやね。

肝を煮てみたら、カニみそみたいな味、って奥様が言ってました。

また釣れたらもってきて料理してみます…今度は煮付けとかかなぁ…